« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

ストライクウィッチーズDVD第3巻(限定版)

ストライクウィッチーズ DVD第3巻(限定版)

Swdvd3
DVDジャケットはシャーリィ&ルッキーニ

島田フミカネさんのコメントによると

本編終了後、アフリカ戦線に向かう前に、
ロマーニャ方面で一時休暇中の二人のショット。
服は私物。ゴーグルは結局シャーリーに貰えたらしい。

という1シーンらしい。


Swcd3
秘め声CDジャケットはカールスラント3人娘

でも中身はシャーリィ&ルッキーニ(笑)


Swbook3

第五〇一統合戦闘航空団全記録 第三集

表紙はこれまたフミカネさんのコメントによると

寝ぼけて服を間違えて着ている人と、
しょうがないなー、いつ注意するかなー、
もうちょっと見てようかなー、
がぐるぐるループしている人の図。

だそうです(笑)

今回のオマケ
Swcdbox
秘め声CDBOX

夕焼けのオレンジかな?
次(4巻)が記録集のBOXだと思うけど
夜をイメージしたカラーのBOXになるのかなぁ。

ちなみに第5巻には501ステッカーがつくかも?らしい

修正はまぁTVでは見えなかったところがちらほらみえたりとかw
5話のシャーリィが起こしたタービュランスとでもいうのかな?
に巻き込まれた後の芳佳とリーネの位置が逆とかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんなぎDVD第一巻(完全生産限定版)

かんなぎDVD第一巻(完全生産限定版)

1dvd_2
DVDジャケット

特典のひとつのスーパーピクチャーレーベルは↓

Kannagidvd1

ケースの絵柄と重なってきれい~♪

1cd_2
特典1:ドラマCDジャケット

ドラマCDは原作5巻収録のアノお話。
できればコレは映像でみたかったなぁw

Kannagi1_2
特典2:武梨えり描きおろし三方背BOX

1illustration_2
特典3:エンディングイラストピンナップ
     (上:武内崇、下:門脇聡)

<映像特典>
特典4:特別版第二幕&第三幕次回予告

公式HPにアップされてたものですね~

  
特典5:オーディオコメンタリー(第一幕&第二幕)
     (戸松遥、山本寛、倉田英之 & ゲスト)

今回のゲストは原作者の武梨えりさん
ちなみにヤマカンと倉田さんは初っ端から酒飲んでます(笑)

特典6:「戸松遥の突撃!現場訪問①」
     「隠し特典映像」(笑)

隠し特典映像を観る方法?がおもしろいw

| | コメント (0) | トラックバック (2)

怪傑妖精プニャタ

かんなぎ第八幕「迷走嵐が丘」

大鉄の妄想がすばらしすぎるお話(笑)
妄想シーンはほぼオリジナルだったけど
サービス満点でおもしろかったw

08a
どこの昼メロだw

08c
これは原作とも同じカットだけど
よりよくなってたと思うなw

08b
このニャンナギは大鉄( ̄▽ ̄)b グッ!って感じで

この後のシーン
08d
なんかアヤシイ人影が~♪

中央付近のは原作者の武梨えりさんの自画像なのは
第五幕のアイキャッチでわかるだろうけど
中央下のは原作2巻収録の短編「怪傑妖精プニャタ」の
人工妖精のプニャタとか読んでないとわからないよなーw

ちょっと気になったところを一つ。
翌朝の家での仁とナギの会話のシーンと
登校中の仁と大鉄の会話のシーンは
原作の時と順番が入れ替わってるのですが
あれはアニメ的には順番を入れ替えて正解だったかなと。

エンディングイラストは絶叫さん。
08f

とらドラ!のコミック版の作画をされてる方でもありますが
かんなぎ最新第6巻の合作ピンナップも絶叫さんですね♪

次回第九幕は「恥ずかしい学園コメディ」

つぐみさん、期待してますよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ、やっぱり愛沙じゃなくて秋沙なのねっw

とある魔術の禁書目録第8話「黄金練成(アウス=マグナ)」

前回に引き続き姫神沙が捕われていると言う三沢塾に
当麻とステイルが侵入したところから。

いきなりロビーに甲冑の騎士の死体があったりとか
何も知らない当麻はもっと驚いてもいいんじゃないかな?
あとワンテンポ置いて周囲の様子に違和感感じてたけど
あそこも妙に落ち着きすぎてて逆に変な感じしたな。

とりあえず今回はその後のインデックスとの電話のシーンですかねw
Aindex08dAindex08e
最初の電話に出た時のあわてっぷりとか
冷蔵庫の中のグラタン(2コw)とかプリンを食べちゃったことを言うところとか
インデックスがかわいくてかわいくてw
プリンのところでの
Aindex08h
この映像がもうさいこーによかったわw
ぷちいんでっくすそのままほしいわー

当麻とステイルの姫神捜索?の方は

Index08a_3Index08b_2
今回の敵となる・・・名前なんだったっけ?(笑)君が登場で
あっさりと追い返された感じで終了(笑)
錬金術師と言う事なんだけど能力的には
言葉にした事が現実と成るような言霊使いみたいな能力なんですかね?
頭に熟語をつけて喋る喋り方がなんかおもしろかったな。

で、肝心の姫神沙の方はと言うと当麻と出会うが
三沢塾に捕われていたのは↑のなんとか君が来るまでの話で
今は彼と利害が一致したと言う事で協力しているとの事。

自称"魔法使い"の沙、疑う当麻に見せたのは

Index08c_2
魔法のステッキと言う名の警棒(笑)
ツッこむ当麻に対して
Index08d_3
新素材。と言ってのけるその神経がいいw

そのころインデックスは・・・
Index08g_2Index08h_2
あらいやぁ~んのお風呂サービスシーン♪
Index08i
この横顔がなんかすごく好き~

「なんかヘン、当麻がプリンを勝手に食べられて
「まぁ、いい」ですませるはずがないんだよっ」

インデックスからみた当麻ってw

結局当麻もステイルもあっさりと追い返されてしまい
Index08e_2
記憶を消されてどこぞの公園で二人でブランコに(笑)
このあと当麻は記憶を取り戻すのだけれども
これは右手で頭を押さえた事でなんとか君の
魔術の効果を打ち消したって事だったのかな?
Index08f_2
ステイルにべーさせた後に
「人様を囮に使って逃げ延びやがったな記念」パンチで
ステイルの記憶も戻してあげたのかな?w

当麻がおかしいと疑問を抱いたインデックスは
マンションの壁に貼り付けられたルーンを発見
そのルーンに送られた魔術の元を追って三沢塾に。

Index08j
中でなんとか君と対峙するインデックス
インデックスは覚えていないがどうやら
面識がある間柄、それも少なからず何らかの因縁があるようで。

記憶を取り戻した当麻とステイルも再び三沢塾に向かうが
そこでは13騎士団の生き残りがなんとか君を討とうと
グレゴリオの聖歌隊を発動させて三沢塾を崩壊させ・・・
と思ったらあっさり黄金練成の力で元に戻されてるしw

そんな中当麻はインデックスのフードを被ったスフィンクスを発見
Index08k
中にインデックスが捕われている事を知るが・・・

中に入った者を外に出さない結界が張られていたのに
外に出てきているスフィンクスも謎だけど
Index08l
当麻君右手でフード掴んでるのになんとも無いけど
インデックスのフードも"歩く教会"の一種ではないのかな?

次回はなんとか君との対決になるのかな?
今回は相手にされてなかったけどなんとかなるのかしらw

Index08m
なんとか君が助けたいと言っているのは
多分インデックスのことなんだろうな。
悪い人ではないような感じなんだけどどうなるんだろう・・・

あ、タイトルは

前回7話のエンディングロールでは
Photo
姫神沙になってましたが

今回は
Photo_2

姫神沙に修正されてたって事でw

| | コメント (0) | トラックバック (2)

とある魔術の食い倒れ・・・?

<p><p>blank_page</p></p>

とある魔術の禁書目録第7話「三沢塾(かがくすうはい)」

インデックス編?が終わって新章突入って感じかな?

とりあえず

Image


インデックスいっぱいヽ(*⌒∇⌒*)ノ

新キャラで姫神 愛沙(ひめがみ あいさ)が登場。
Index07a
Index07oIndex07p
吸血鬼を殺す能力「吸血殺し(ディープブラッド)」の能力を持つ自称・魔法使い、でも巫女姿(笑)
ファストフードで食い倒れてたところで当麻たちと出会うのだが
インデックスもなぜこんなあやしい人物が突っ伏してるテーブルを選ぶんだww

ステイルによると科学崇拝を軸にした似非宗教と化した
三沢塾と言う進学予備校に監禁されてるらしい愛沙
三沢塾は愛沙を狙っているアウレオルス=イザードという錬金術師によって
乗っ取られている状況で一刻も早く愛沙を救出する必要があるとの事。
協力しなければインデックスを回収すると言われ
当麻も強制的に手伝わされることに。

監禁されてるってわりにはなんでファーストフードで
食い倒れてたのか不思議なんだけどw

次回
は当麻&ステイルvs三沢塾?な戦闘回になるのかな?
また当麻しゃべりまくり戦闘はやめてほしいなぁw










続きを読む "とある魔術の食い倒れ・・・?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神回・・・かのぅ?

<p><p>blank_page</p></p>

かんなぎ 第七幕「キューティー大ピンチ!激辛ひつまぶしの逆襲(後篇)」

A4aba4f3a4caa4ae07a

タイトルからだとオリジナルエピソード
でもここまでかなり原作どおりなので
オリジナルと見せかけて原作エピソードなのかなと思ったら
やっぱりそのまんまオリジナルエピソードでしたw

同人誌作りの話とかかなぁとも思ったけど
そちらはDVD第1巻限定版の特典ドラマCDになってましたね~

お話は仁とけんかして押入れにこもったナギを
外に出そうとあれこればたばたする内容。
まぁお約束どおりにつぐみ、ざんげちゃん
貴子&紫乃、大鉄、秋葉とオールスターキャストでw
お話の展開とかオチ的なところはありきたりな感じだったけど
会話のテンポとか間、あと台詞回しなんかで
かんなぎらしいおもしろさがでてたんじゃないかなと。
なんだろうなぁ~原作のテンポと違和感が無いんだよね。

とちゅうでサブタイトルの事はすっかり忘れてたけど
EDがそのまんまサブタイトルな内容だった。
でも、ヒャッコのウソ予告に比べたらはるかによかったと思うw

いろいろおもしろかったのだけど全部はめんどくさいので抜粋で
Nagi07a
仁におかずのさしいれにきたつぐみだけどそのレパートリーは
「これたまご焼き、これおひたし、で、これがおひたし入りたまご焼きね」
Nagi07b
仁が悪いとばーっとまくし立てたあとの
「あとこれ捨てといて!」が妙におもしろかったw
Nagi07c
つぐみ「なんかひさしぶりね、こうしてふたりになるの・・・」
仁「そうだっけ?アイツきてからバタバタしてたからなぁ~」
やっぱり切ないつぐみ(ノД`)

Nagi07dNagi07e
ここの仁に迫るざんげちゃんの声だけで
映像はカピルスな見せ方は妙なエロさがあってよかったなぁ(笑)

Nagi07fNagi07g
お約束なんだけどいきなり登場の貴子&紫乃

Nagi07h
貴子の「トゥ~シャイシャイガァ~ル♪」が( ̄▽ ̄)b

Nagi07iNagi07j
ゴキ君視点のローアングルシーン
つぐみのみないでぇ~は変だろう(笑)
紫乃さんですら立ち上がって動揺してたのに
ざんげちゃんが全く動じず正座のままだったのがさすがw

Nagi07k
おまちかねの秋葉登場
Nagi07lNagi07m
感動的な?再会?シーン
Nagi07n
キミらどうみてもBLだわw

Nagi07o
大きさでパッと「あ、βオチか」と思った私はトシですかねぇ(笑)

Nagi07pNagi07q
前述のとおりすっかり忘れてたサブタイトルはエンディングw
典型的な出会いフラグのシーンかと思われたら
交差点でトラックに跳ね飛ばされたのが笑えたwひどいよwww

最後に
Nagi07r
微妙な反応のナギw


あ、大鉄わすれてた・・・まいっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本編はオマケです(笑)

<p><p>blank_page</p></p>

ヒャッコ第6話「10コメ 向こう三軒 両側に虎」

龍姫の家に虎子らが遊びに行く話。
特筆する事もない地味なお話(笑)

で、なんか妙にあっという間に終わったな~と思ってたら

次回予告が・・・

H07a
H07b
H07c
H07d_2
H07e
H07f
H07g
H07h
H07i
H07j
H07k
H07l1
H07l2
H07m
H07n

























H07o

長すぎるわっ!w

H07aa

次回「狐虎で会ったが百年目/虎の怒りを買う狐」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光の調べ、黒い真実

<p><p>blank_page</p></p>

09a

ef-a tale of melodies. 第6話「flection」

優子の告白シーンは原作ゲームの喋り方の方が
なんだか狂気を帯びたと言うか壊れている感じがしたな。
セリフ的にアニメではNGっぽいのもあるから
そこら辺での印象の違いなのかもだけど。

なんとなく感じただけなんだけど
優子の感情面の解釈の仕方が若干違う?
悪いと言うことではなくてゲームとは違う新しい解釈として
どんな風にこれから展開して行くのか楽しみ。
1期の例もあるしかなり期待しても良いかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっけー!ポッキー!!

<p><p>blank_page</p></p>

喰霊-零-第6話「美 敵-うつくしのてき-」


Garei061

黄泉「交互に波状攻撃、いい?」
神楽「おっけー!ポッキー!!

なんだそれ(笑)

Garei062 Garei063

敵に囲まれる黄泉と神楽
黄泉の「間違えて、私斬らないでね」が
2話の事があるとなんともかんともw

Garei064

黄泉の戦いぶりに苦言を呈す冥
そんな冥さんのナギナタは・・・

A4a2a4f3a4d6a4eca4e9
ぱぱっと日傘に変わる優れもの(笑)
しかしまぁこの薙刀といいお花飾りといい
普通に考えたらこの人なんかヘンナ人だw

本来正統な後継者であったであろう冥をさしおいて
養子である自分が後継者として育てられている事に
負い目のようなものがあるような感じの冥に対する黄泉の態度。
やはりここら辺が黄泉が変わっていく要因なのかと思いきや

La
再び、いや,三度?もう何度目だっけ?登場のL.A君が
あっさりと冥を殺してしまうし∑( ̄□ ̄;)

神楽の方は学校で悪霊と化した保健の先生を斬るが
それを同級生に見られてしまう事に・・・

次回第8話「呵 責 連 鎖-かしゃくのれんさ-」
うーむ・・・文字通りな内容にならないのがこの作品だしなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仁くんドキドキくれいじー?

<p><p>blank_page</p></p>

かんなぎ第六幕「ナギたんのドキドキクレイジー」
Mage1

<p><p>blank_page</p></p>

ふう・・・つぐみだらけ。

かんなぎ公式サイトのスタッフブログで
音響制作担当のたかみーさんが
第6話を【つぐみ】視点で観ると…非常に切ないです。
回を重ねるごとにつぐみへの愛が増します。

と書かれているのですが同感なのです(ノД`)

いや、ナギ様にざんげちゃんも負けずにかわいくて好きなんですけどね!
沢城さんの声がまたぴったりあってて良いんですよね~
こーゆうかわいいキャラって沢城さんのイメージじゃなくて
どうなのかな~?って思ったんだけどこれがすごくいいの!
あ~もうつぐみにはしあわせになってほしいのになぁ。

あ、お話はナギが服を買いに行く話と
美術部メンバーでメイド喫茶に行くお話。

メイド喫茶編の出だしの紫乃さんのセリフは原作だと
「仏(いむ)さんじょ先生にお願いすれば・・・」だったのだけど
さすがにこれは原作、というかREX読んでる人じゃないと
わからないだろうと言うことなのか「担当のタナベさん」に。

まぁ、タナベさんもかなりビミョウですが(笑)
ちなみにタナベさんは
A5bfa5caa5d9a4b5a4f3
こんあにかわいいリスさんでs

でもどっちにしろ「みさきターン」は仏さんじょさんの
「ろりぽ∞」って作品のネタみたいでしたねw
仏さんじょさんのHPアキアカネによると
いちおう参考となる絵を描いて渡してたようで(笑)
081109_2.jpg
小さすぎてみえないかw

ってなんかどうでもいい内容なような・・・

最後に
06z
このつぐみがなんとも切なくて。

次回は完全オリジナルかな?

第七幕「キューティー大ピンチ!激辛ひつまぶしの逆襲」(後篇)

傷つきながらも最強の敵「ライフアフター」を倒した
キューティーに安寧の時が訪れようとしていたその矢先、
更なる最強の敵「ニセキューティー」が現れた!
瞬く間にひつまぶしに覆われていく世界!
キューティーの運命やいかに!?

なんだこりゃ(笑)

そいや公式サイトの次回予告で
本人に「ハッテンマイケル!」って言わせてたなw

あ、ふと思ったけど
第七幕は同人誌作りの話だったりはしないよな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当麻君ならオスカー確実だな。

<p><p>blank_page</p></p>

とある魔術の禁書目録第6話「幻想殺し(イマジンブレイカー)」

Index61 Index62

前回の続きで怖いインデックスちゃんと当麻君の対決。
相変わらずの当麻君のクサい長台詞が食傷気味。

恥ずかしい台詞禁止!って誰かに突っ込まれそうな台詞だけど
ステイル君と神裂ちゃんは心動かされて当麻を援護。
イノちゃんの尊い犠牲(笑)もあってインデックスを
支配していた魔術を当麻の右手が破壊する事に成功はしたものの
インデックスが発動させたドラゴンブレスの羽根?に
触れてしまったために当麻は大変な事(神裂談)に!

まっ、何はともあれ

Index63

かわいいインデックスが復活したので良し( ̄▽ ̄)b

当馬君はそれまでの記憶が破壊されてしまったそうなんだが
短期間であんな風に会話できるほどになれるかなぁ?
役者としてのとてつもない才能があるとしか思えないなw

Index64

「当麻、おぼえてない?」って何度も繰り返すところの
インデックスの声が最高にかわいくてよかった。

最後になんだか次のエピソードの
プロローグとなるようなステイル君と
逆さなヘンな人の会話があったけど。
なんかよくわからんかったねw

ところで・・・

盛大にお部屋を破壊されちゃった
小萌ちゃんはどうなってしまうんだろう?
無残な部屋の様子を見た小萌ちゃんが見たかったなーw

てか

小萌ちゃんが出てこないとなんか満足できなくなってるよ!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

?コメ「とらドラでうしおととら」

<p><p>blank_page</p></p>

先週はお休みで2週間ぶりのヒャッコ第5話
今回は7コメ「合縁虎縁」、5コメ「人には沿うてみよ、虎とは闘ってみよ」

Aパート、7コメ「合縁虎縁」は傘先生以外では初かな?の男キャラ登場。
A5d2a5e3a5c3a5b3051 A5d2a5e3a5c3a5b305
左:お金大好き、生徒の写真を売って小遣い稼ぎをしている京極 柳(きょうごく やなぎ)と
右:柳のクラスメイトの戦国 獅々丸(せんごく ししまる)

A5d2a5e3a5c3a5b3054
獅々丸がひとめぼれした相手は歩巳

とおもいきや

実は虎子でした~ってお話(笑)
A5d2a5e3a5c3a5b30513
第1話での
A5d2a5e3a5c3a5b30514
この2階からのジャンプした姿にほれたらしい

虎子はいい気分なようだけど
結局返事はしないまま・・・で終わり

A5d2a5e3a5c3a5b30516

なんだかオチてるんだかオチてないんだかw

独楽ちゃんが獅々丸にあげた非売品の1枚

A5d2a5e3a5c3a5b30515

これはフツーにかわいいと思うぞ♪


Bパート、5コメ「人には沿うてみよ、虎とは闘ってみよ」

見た目ヤンキーの幕之内 潮(まくのうち うしお)登場回

A5d2a5e3a5c3a5b30517

虎子の持つヤンキーのイメージがなんかやたらと古いw

A5d2a5e3a5c3a5b30518 A5d2a5e3a5c3a5b30519

見た目に似合わずプリンが好きだったり、
猫が好きだったりと何気にかわいい潮

ところでこのときのネコ
A5d2a5e3a5c3a5b30520

これどうみてもとらドラの手乗りタイg

最後に潮が虎子に名前を聞いた時の会話

潮 「お前も名乗れよ」
虎子 「長飛丸(ながとびまる)」
潮 「はっ?それ苗字?」
虎子 「おのれ!白面の者!」
潮 「ナニ言ってんだお前」
虎子 「お前、槍は?獣の槍」 
潮 「槍?槍ってなに?」

って最初の数話しか読んだこと無いのに
なぜかピンときてしまった・・・

てか「うしおととら」とかビミョウすぎるw

A5d2a5e3a5c3a5b30521
怒る時の傘先生の口調が結構好きw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンツはココロの中にある!全員プレゼント

<p><p>blank_page</p></p>

ストライクウィッチーズの小説版が
本屋で見当たらないな~と思ってたら
全国的に品薄・品切れだったみたいで
ようやく重版が出来上がって
来週後半には店頭に並ぶらし~

でもって合わせて新キャンペーンも始まるらしく
題して「パンツはココロの中にある!全員プレゼント」

すぺしゃるな携帯の待ち受けをプレゼント
「パンツはココロの中にある!全員プレゼント」の「帯」にある
二次元コードを読み取ってパスワードを入れてください。

ってことらしい。
ちなみに第1弾はコチラ↓
  Tomoko

島田フミカネ描きおろし智子待ち受け~♪
よし!母親のケータイでもらうか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バニシングポイント・ブログ更新(笑)

<p><p>blank_page</p></p>

ストライクウィッチーズ監督の高村和宏さんのブログ
バニシングポイント・ブログ

あまり頻繁に更新がされない

というかなぜか時間差でばばっと更新される謎ブログ(笑)
最新の記事は一ヶ月前の10月4日付の記事。
記事の日付が10月4日なだけではなくて
ちゃんとその日付にあった内容の記事なのがおもしろい。

例えば10月2日付の記事も最近更新されているのだが

「角川書店のとても偉い人がご馳走していただけるそうなのです。
噂には聞いたことがある叙々苑という焼肉屋さんです。
すごくおいしかったです。  ご馳走さまでした。」

という記述があるのだけどこれは10月2日の出来事なのが
島田フミカネさんのブログの記事(10/3)をみると
その日に行ってる事がわかるし

10月4日付の記事での

「鈴木さんから電話がありました。
あれっ?横田基地に行くのは明日だったはず?
えっ?今日!? もう基地にいる?

え~~!!

すいません・・・勘違いしてました・・・ごめんなさい。」

というのも鈴木さんのブログの記事で10月4日のことだとわかるw

なんでこんな時間差更新になってるのか不思議なんだけど
これからもそんな更新が楽しみなブログである(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喰霊-零-の"零"はZEROじゃなくてLOVE?

<p><p>blank_page</p></p>

喰霊-零-第5話「頑 想-かたくなのおもい-」

次回予告がただタイトルを言うだけなので
毎回どんな話になるのか予想がつかないのだけど
今回はまた全く予想だにしない内容だったなぁ(笑)

メイン?の黄泉とのりちゃんのラブコメ話は
かなりおふざけの入った内容。
最初の黄泉とのりちゃんwが険悪なムードになるシーンの
5ba3d35db6f4ceeea1ddceed08c7af11b7e 5ba3d35db6f4ceeea1ddceed08c7af11b_2
5ba3d35db6f4ceeea1ddceed08c7af11b_3 5ba3d35db6f4ceeea1ddceed08c7af11b_4
とか怖すぎるしw

5ba3d35db6f4ceeea1ddceed08c7af11b_5 5ba3d35db6f4ceeea1ddceed08c7af11b_6
桜庭とナブー兄弟の想像図?はふざけすぎw

個人的には桐ちゃんの健闘を讃えたい(笑)
5ba3d35db6f4ceeea1ddceed08c7af11b_7 5ba3d35db6f4ceeea1ddceed08c7af11b_8

5ba3d35db6f4ceeea1ddceed08c7af11b_9 5ba3d35db6f4ceeea1ddceed08c7af11_10

恥ずかしさで?しゃがみこむのがかわいかった。
こんなばかげた事をマジメに報告してるのが笑える。

ってか何気に室長がいちばんタチわるいよな(笑)

5ba3d35db6f4ceeea1ddceed08c7af11_11

なんだかんだでお互い想い合ってる二人でした♪

最後はなんかとってもいい感じで終わって良かったけど
2話の結末を知っているだけだけに
なんとも言えない切ない気持ちにもなってしまった。

黄泉「私たち、ずっとケンカできるかな?」
飯綱「してるさ、ずっと、いつまでも・・・」

最後のこの二人の会話が・・・ね。



おふざけのお話と平行して語られたのが
諫山家の家督争い的な内容のお話。
養子である黄泉に諫山家を継がせることに決めた
現当主であり黄泉の養父でもある諫山奈落。
奈落の弟の諫山幽は自分は退魔師としての道からは逃げたものの
諫山の血を引かない者に跡を継がせることをよしとせず
自分の娘である冥を跡継ぎにと考える。
奈落の前ではそんな父を諌める冥であったが
「黄泉さんが死んだら私が継ぐかもしれないのですよ
そう・・・早いか遅いかでしかないのですよ」
なんて不穏な言動をしたりとなんともアヤシイ感じ。

黄泉が養女である事で元々退魔師の家系で
能力がある諫山家の人間ではない黄泉が
あれだけの能力を持っているあたりが
黄泉の出生的なところで結果的に悪霊側に
堕ちてしまうような要因もあったりするのかな?なんても。

次回は「美 敵-うつくしのてき-」
う~んこれまたなんとも予想が付きにくいタイトルだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「シスターーズ」なワケ

<p><p>blank_page</p></p>

かんなぎ第四幕のサブタイトルって「シスターズ」じゃなくて
「ー」が1本多い「シスターーズ」なんですよね。

なんで「シスターーズ」なのかと不思議に思ったのですが
なんのことはないすごく単純な理由でしたね。

かんなぎの各話のサブタイトルは原作の
該当するエピソードのサブタイトルを合わせた物なんですね。

アニメのサブタイトルは第六幕までで

第一幕「神籬(ひもろぎ)の娘」
第二幕「玉音アタック!」
第三幕「スクールの女神」
第四幕「シスターーズ」
第五幕「発現!しょくたくまじんを愛せよ」
第六幕「ナギたんのドキドキクレイジー」

それぞれを原作と照らし合わせてみると

アニメ第一幕「神籬(ひもろぎ)の娘」
→原作第一幕「神籬(ひもろぎ)の娘」
これは原作のタイトルそのまま。

アニメ第二幕「玉音アタック!」
→原作第二幕「玉音を聴いた」+第三幕「Spring Attack!

アニメ第三幕「スクールの女神」
→原作第四幕「スクールデイズ」+第五幕「放課後の女神

アニメ第四幕「シスターーズ」
→原作第六幕「シスター」+第七幕「シスターズ

アニメ第五幕「発現!しょくたくまじんを愛せよ」
→原作第八幕「ほのおのしょくたくまじん×2+1」
 +第九幕「汝の偶像愛せよ」+第十幕「発現!新たな力!!」

アニメ第六幕「ナギたんのドキドキクレイジー」
→原作幕間(コミックス描きおろし)
  「ナギたんのドキドキショッピング」
 +第十一幕「あの娘はクレイジー

こんなわけで「シスターーズ」になってたんですね。

続きを読む "「シスターーズ」なワケ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武梨さん・・・(笑)

<p><p>blank_page</p></p>

かんなぎ第五幕「発現!しょくたくまじんを愛せよ」

まっ今回は

A4aba4f3a4caa4ae05

この3人に尽きるでしょう(笑)

A5a8a5f3a5c7a5a3a5f3a5b0
ちゃんとエンディングにもクレジットされてるしーw

お話の方は4幕に続いてのお料理対決エピソードと
ナギ様ファンクラブ&涼城先生登場のエピソード。

続きを読む "武梨さん・・・(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺は、ヒーローになる!・・・あなた、最低でs

<p><p>blank_page</p></p>

とある魔術の禁書目録第5話「十二時(リミット)」

Index1
当麻とインデックスの前に現れた
ステイルと神裂の二人。
帰ってと言うインデックスに対し
この場は引き下がるステイルと神裂。

Index2
彼らが去った直後に糸が切れたように
倒れてしまうインデックス

残された時間はあとわずか
このまま魔術師たちの言う通りに
記憶消去の儀式を受け入れざるを得ないのか
それとも何か解決策があるのか
当麻の心の葛藤?がメインなお話。



続きを読む "俺は、ヒーローになる!・・・あなた、最低でs"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒芋子登場!

<p><p>blank_page</p></p>

かんなぎ第四幕「シスターーズ」
A4b6a4f3a4b2a4c1a4e3a4f3a
ナギの妹ざんげちゃん本格的に登場の回。
原作を読んでいるのでざんげちゃんの本性?
というか正体はわかってはいるのですが
干し芋子ちゃん(花澤香菜さんw)が演じると言うことで
どんな風になるのかとても楽しみだったキャラ。

私の知ってる干し芋子ちゃんと言うと
スケッチブックの空とか狂乱家族日記の優歌
魔法遣いに大切なことのソラ、セキレイの草野など
どちらかと言うと黒さの無いかわいい役柄の
イメージが強いのでざんげちゃんのような
結構黒い性格を持つキャラというのは新鮮♪

で、実際に観てみた感想としては
これはイイですねーいやぁ芋子ちゃんさいこーだわ
本人も絶対楽しんでやってるだろうな~(笑)
A4b6a4f3a4b2a4c1a4e3a4f3b
体育倉庫のシーンとかよかったわ~

ざんげちゃんの登場でこれからお話が
ますます楽しくなるだろうで期待です♪


今回はなんといってもざんげちゃんに尽きるのですが
その他のところもやっぱりおもしろかったですね~♪
結構原作に忠実につくってあったりするのですが
アニメと言う動きがつく形になる事で
よりおもしろさがましてるんですよね。

A5c9a5eca5c3a5b7a5f3a5b0a
A5c9a5eca5c3a5b7a5f3a5b0b

フレンチドレッシングをありえないほど
大量にごはんにかけるナギとか

Pink

ピンク色の回想シーンとか(笑)

しかしまぁ仁とナギの味覚音痴っぷりはすごいね。

Bfa9bbf6
パンにソースだけかけたりおいしん棒をはさんだりとか

それをみたつぐみがおどろいて
Tugumi
Tugumi2
頭を抱え込むのもよくわかります(笑)

ちなみに御厨家の冷蔵庫はというと
Cee4c2a2b8cb
見事におやつばかり・・・
Tugumi3
凍りつくつぐみの表情がいいわw
A4aba4f3a4caa4aec2e804cbebmp4_00128
あまりの惨状に自分が
食事を作ると言い出すつぐみ

でも、おひたしとたまごやきしか
つくれないというのがかわいいw

そこに現れたのはざんげちゃん
A4aba4f3a4caa4aec2e804cbebmp4_00132

助けてくれたお礼に仁の世話をするために
御厨家に住まわせてもらいますと。

次回は「発現!しょくたくまじんを愛せよ」
仁をめぐって?ナギとつぐみと
ざんげちゃんの三つ巴の争いが(笑)

原作だと3話分の内容になりそうだけど
どんなふうになるのかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喰霊-百-とかになったりとか・・・しない。

<p><p>blank_page</p></p>

もちろん百合の百です(え?

衝撃的な2話までから一転3話からやっと
落ち着いてきたかと思われた喰霊-零-
第4話はいきなりこんな事に!

Kiss

なるほど、愛憎のもつれからあの2話のラストに・・・

まぁ真実は神楽の好物?のポッキーの最後の1本をめぐっての
二人の攻防の結末がこんなユリユリな状況にw
しかし普通はそのままチューにはいかないだろ~黄泉ちゃん(^-^;

このシーンではもう一つ重大?な事実が発覚
Iwahata
強面でちょっと怖い岩端さん

実はソッチ系だった人が判明!

「オイッ!桜庭ぁ~!」

「オマエ・・・」

「イイケツしてるなぁ~・・・」
Iwahata2
妙にかわいい岩端(笑)

さてそんな始まりの第4話「務 大義-つとめのたいぎ-」    





 

続きを読む "喰霊-百-とかになったりとか・・・しない。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »